札幌トヨタ

すぐ普通になる。今は特別なプリウス。 PRIUS PHV

ソーラールーフ イメージ

プリウスは、ついに太陽光を走るエネルギーに。

量産車では世界初※2
ソーラールーフを搭載し、駆動用バッテリーに充電。
トヨタがまた、クルマの歴史を変えました。

PHV イメージ

ご家庭の電気でも、ガソリンでも走ります。

PHV (プラグインハイブリッド車) は、 1.EV (充電電力使用時走行)モードと、2.HV (ハイブリッド走行) モードの両方が使えます。 つまり、充電して走ることも、普通のハイブリッド車のようにガソリンを使って走ることもできるんです。

  • ※1:ソーラー充電システムは、一部の特定グレードへのオプション設定となります。
  • ※2:2016年4月末時点。
  • カタログ請求
  • 試乗のご予約はこちら

PURIUS PHVとは
トヨタが考える時世だ環境車の位置づけ
進化を遂げたPHV(プラグインハイブリッド車)が、HVに次ぐスタンダードへ。
HV
HV(ハイブリッド車)
1997年に世界初の量産型ハイブリッド車プリウスを発売して以来、ハイブリッド技術をコア・テクノロジーに据え、PHVやEV、FCVといった 次世代環境車の開発を続けています。
  • EV イメージ
    EV(電気自動車)
    100%電気で走るので、排気ガスを出さず、しかも過程での充電も可能。ただ電池切れの可能性もあるので、EVは都市部の近距離移動に使うのが最適であるとトヨタは考えています。
  • FCV イメージ
    FCV(燃料電池自動車)
    水素で作った電気で走行します。ガソリン車に匹敵する航続距離、短い充鎮時間で排出物は水のみ。自動車の次の100年のためにトヨタが普及を目指す、"究極のエコカー"です。
PHV イメージ
PHV (プラグインハイブリッド車)
EV走行を基本とし、電池切れというEVの弱点を克服したPHVこそ、HVに次ぐ次世代環境車の柱であり、現在、最も環境に貢献できるクルマと言えます。

エクステリア
ICONIC HUMAN-TECH
デザインコンセプトICONIC HUMAN-TECH(アイコニックヒューマンテック)を実践する新型プリウスPHVは、先進機能が人の記憶や直感でわかり、一目でその存在を認識できるエモーショナルでユニークなデザインを追求。
FRONT イメージ
FRONT

ひと目で新型プリウスPHVとわかる
先進的な表情。

先進機能と遊び心を兼ね備えたプラグインハイブリッドカーの表情として、飛躍的な進化を遂げた低重心かつエモーショナルなデザイン。

SIDE イメージ
SIDE

水平基調の伸びやかなサイドシルエット。

低重心を強調した伸びやかなサイドシルエットは車格感を表現。

REAR イメージ
REAR

機能と遊び心が融合した個性的なリヤスタイル。

空力性能をアイコニックかつエモーショナルにデザインしたリヤビュー。
フロント同様、先進機能と遊び心を高いレベルで融合。

BODY COLOR
  • スピリテッドアクアメタリック 791
  • エモーショナルレッド 3T7
  • サーモテクトライムグリーン 6W7
  • スティールブロンドメタリック 4X1
  • アティチュードブラックマイカ 218
  • グレーメタリック 1G3
  • シルバーメタリック 1F7
  • ホワイトパールクリスタルシャイン 070
  • スーパーホワイト2 040
  • カタログ請求
  • 試乗のご予約はこちら

インテリア

先進性と機能性が融合するコクピットデザイン
先進性のシンボルとして、強い存在感を放つトヨタ初の縦型ディスプレイを採用。
11.6インチ T-Connect SDナビゲーションシステム イメージ
11.6インチ T-Connect SDナビゲーションシステム。※【Sを除く全車に標準装備】

スマートフォン感覚で直感的に操作できる、
トヨタ初※の11.6インチ大型ディスプレイを新開発。
ナビやオーディオ、空調などの
情報をディスプレイに集約し、
フルHDで見やすさも追求しました。

※2016年12月現在。トヨタ自動車(株)調べ。

より快適で、ホスピタリティあふれるリアシート。
リヤシートをセパレートシートとしたことにより、ゆったりとくつろげる
程良いパーソナル感とともに、プレミアムな空間を演出。
より快適で、ホスピタリティあふれるリアシート イメージ
新型プリウスPHVでは、後席を2人がけとし、中央に大型のコンソールを設けることで、ゆったりとくつろげる程良い パーソナル感とプレミアム感を生み出しています。さらにコンソールは、シートバック側への連続性を意識したデザイン とすることで4座独立を強調。大人4人が快適に過ごせる空間を演出しました。
ラゲージスペース イメージ
ラゲージスペース

大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しながら、 デッキ面の上昇を77mmに抑えています。さらに、 デッキサイド両側を深く凹ませることにより、 ゴルフバッグ2個※1を積載することができます。

※1 ゴルフバッグのサイズは9.5インチ×46インチの場合。
   ゴルフバッグのサイズや形状によっては収納できない
   場合があります。

  • カタログ請求
  • 試乗のご予約はこちら

燃費・走行性能

EV 走行性能
進化したPHVシステムにより、時代を先駆けるEV性能とEV走行可能距離を実現。
新型プリウスPHV目標値60KM以上
  • より強いEV加速性能

    新開発の「デュアルモータードライブ」システムを採用し、モーターの力にさらにジェネレーターからの駆動力を上乗せすることによって、より力強い加速性能を実現。

  • EV走行の通常走行時
  • EV走行の最大出力時
プラグインハイブリッドシステム

世界トップクラスのハイブリッド燃費。
ハイブリッド燃費の向上に加え、
PHVシステムの効率改善により、
従来型と比較しJC08モード燃料消費率
さらに向上。

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。
 使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、
 エアコン使用時)に応じて燃料消費率は異なります。

ハイブリッド燃費[JV08モード 国土交通省審査値] 目標値 37.0KM
  • カタログ請求
  • 試乗のご予約はこちら

先進機能

ソーラー充電システム

車両のルーフに搭載した大型ソーラーパネル(ソーラールーフ)が太陽光発電を行い、
その電力を充電するシステムを新開発。充電スタンドがない駐車場や災害等で停電した場合でも、
太陽光さえあれば駆動用バッテリーに充電できます。

※S“ナビパッケージ”、Sにメーカーオプション

ソーラー充電システム イメージ
普通充電&待望の急速充電

充電器出力の拡大、急速充電の追加、100V6A充電機能付充電ケーブル※2によって、 より充電の機会をプラスしました。なかでも公共の急速充電器※3に対応する急速充電機能は、 普通充電に比べて短時間に充電が可能で約20分(80%充電まで)で行えます。

  • 普通充電
  • 急速充電
  • ※1:メーカーオプション(日本仕様のみ)。
  • ※2:100V充電時の電源を6Aとすることで、一般回線のコンセントで充電できます。専用回路工事が不要となり、工事費低減にも貢献します。
  • ※3:SA(サービスエリア)、PA(パーキングエリア)、コンビニなど、設置箇所はより拡大しつつあります。会員登録などの契約が必要になる
      場合がありますので、事前にご確認ください。
  • ※4:SA(サービスエリア)、PA(パーキングエリア)、コンビニなど、設置箇所はより拡大しつつあります。
      会員登録などの契約が必要になる場合がありますので、事前にご確認ください。
緊急時やアウトドアでも家電が使える外部電源供給

家庭用と同じAC100Vのコンセントを車内2カ所に設置し、パソコンなどの家電用品※1が使用可能。
また、電源スイッチ、防水カバー付コンセントからなるヴィークルパワーコネクター※2
普通充電インレットに挿し込めば、車外用のAC100V電源として使用でき、停電などの非常時に役立ちます。
給電を充電インジケーターの点灯で確認可能です。
コネクター接続中は発進を防止し、安全面や車両の盗難防止にも配慮しています。

  • ※1:製品によっては正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。
  • ※2:アクセサリーコンセント(ヴィークルパワーコネクター付/AC100V/1500W)。
      合計1500W以上の電気製品を使用しないでください。1500W以下の電気製品でも正常に作動しない場合があります。
  • カタログ請求
  • 試乗のご予約はこちら

魅力の支払いプラン

残価設定で月々なんと18,000円〜

通常の割賦支払いでは、車両価格総額を分割で支払わなければならないため、
月々支払額が大きくなることがありました。
車両価格の一部をあらかじめ残価として据え置き、残りの金額を分割払いにする残価設定型プランでは、
下取り価格分(据え置き分)は月々支払額に入らないため、月々支払額を小さくすることが可能です。

残価設定プランなら月々のお支払いがラクラク!
  • 月々払い イメージ
  • お支払い例
支払い分 設定残価 頭金
  • 支払い終了時のライフスタイル、使用状況により、乗り換え、買い取り(一括またはローン)、ご返却の選択ができます。
  • 設定残価は車両状態が当社の定める規定である場合のみ、保証するものといたします。
  • こちらに掲載しているプランは、お支払い方法の一例となります。詳しくは営業スタッフにお問い合わせください。

※ 価格はメーカー希望小売価格で参考価格です。販売価格は各販売店が独自に定めております。
※ 掲載の価格には、保険料、税金(消費税除く)、自動車リサイクル料金、その他登録に伴う費用等は含まれておりません。


スペック

グレード エンジン 駆動 車両本体価格(税込み)
A プレミアム 1.8L PHV 前輪駆動方式 4,241,160 円
A 1.8L PHV 前輪駆動方式 3,825,360 円
A レザーパッケージ 1.8L PHV 前輪駆動方式 4,084,560 円
S 1.8L PHV 前輪駆動方式 3,285,360 円
S ナビパッケージ 1.8L PHV 前輪駆動方式 3,684,960 円
グレード (助手席回転チルトシート車 Aタイプ) エンジン 駆動 車両本体価格(税込み)
S TECS 1.8L PHV 前輪駆動方式 3,452,760 円
S TECS ナビパッケージ 1.8L PHV 前輪駆動方式 3,852,360 円
  • カタログ請求
  • 試乗のご予約はこちら